洗濯のコツ!ドラム式洗濯機でホテルのような柔らかいタオルに仕上げる方法

新品タオルのおろし方をお話したときにドラム式洗濯機がタオルの洗濯に不向きであると書きました。 えー!?と思われた方、これには理由があります。 近年の日本では少ない水量で洗えるものが大変人気だからです。 少ない水量で洗うということは、ドラムを回転させて洗濯物を上から下へと叩き付けるような洗い方になります。 その衝撃でタオルの表面にあるループが寝てしまいそのまま干しても乾きは悪いですし仕上がりは硬くてバリバリ!真新しいタオルがこれでは大ショックです。 かといって慌てて柔軟剤を多めにいれたとしても、柔軟剤は繊維を修復してくれるわけではないので元通りにはなりませんし吸水機能が落ちてしまいさらに残念な結 … “洗濯のコツ!ドラム式洗濯機でホテルのような柔らかいタオルに仕上げる方法” の続きを読む

新品タオルの取り扱い方|ふんわり感を保つ洗濯方法

新しいタオルを商品タグや値札を外してすぐに使い始める方はいらっしゃいますか。 もしかするとそれは肌にもタオルにも優しくない扱い方かもしれません。 タオルは長い生産工程の中でどうしても細かいホコリなどが付いてしまう事は避けられません。織りの過程で繊維を保護し切れない様にするため、糸にのりを付けますのでそれが残っていることもあります。 店頭で購入したタオルは他の方がご覧になる際に手にとって表面に触れていることもあります。 入浴や洗顔後の素肌にはあまり優しくありませんね。では一度お洗濯しましょう!

タオルのお手入れ〜ループが伸びてきたら

タオルのパイル(ループ)部分は爪や尖ったものなどにひっかかりやすいものです。 それでもパイルをひっかけて伸ばしてしまったときは、少しお手入れをしましょう。見た目はもちろんパイルが揃っている方が滑らかで肌あたりが優しくなります。

冬期の室内干しと外干しの方法とは。|気を付けるべきポイント

  ただでさえ冬場のお洗濯は寒くて大変なのに、厚手の衣類が増えるので干し方や乾きにくさに困りますね。冬場はどうして洗濯物が乾きにくいのでしょう?今回は生乾きの臭いをつけずに気持ちよく乾かす方法について取り上げました。あなたの住環境や家族構成に合わせて最適な干し方を探してみましょう。