新品タオルの取り扱い方|ふんわり感を保つ洗濯方法

投稿日: カテゴリー コンテンツ
Pocket

新しいタオルを商品タグや値札を外してすぐに使い始める方はいらっしゃいますか。
もしかするとそれは肌にもタオルにも優しくない扱い方かもしれません。

タオルは長い生産工程の中でどうしても細かいホコリなどが付いてしまう事は避けられません。織りの過程で繊維を保護し切れない様にするため、糸にのりを付けますのでそれが残っていることもあります。
店頭で購入したタオルは他の方がご覧になる際に手にとって表面に触れていることもあります。
入浴や洗顔後の素肌にはあまり優しくありませんね。では一度お洗濯しましょう!

お洗濯と言っても扱い方によってはパイルが引き出されて繊維が切れてしまったり、表面の毛羽立ってしまうなど新しいタオルが台無しになってしまうことも。
お手入れ次第で肌触りや吸水性などタオルの寿命も大きく変わってきますので今日は正しい新品タオルの洗濯方法をお話します!

おろしたてタオルのお洗濯

2〜3回の洗濯でタオル繊維の表面に残った染料や細かい毛羽(糸くず)が出てくる事をまず意識しましょう。最初の洗濯はタオルだけで洗ってください。色移りしやすい素材とは必ず分けて洗いましょう。縦型洗濯機の場合も、やむを得ず他の物と一緒に洗う場合もネットにいれて洗うとより安心ですね。

柔軟剤についての注意点

柔軟剤は入れすぎると界面活性剤が繊維の表面を覆って水をはじくようになります。柔らかに仕上がりますが吸水性が落ちますので注意しましょう。新しいタオルは洗濯後の一手間と干し方のポイントでふんわり仕上がります。ぜひお試しくださいね。

 

ふかふかタオルへの道〜干す前のひと手間

脱水後のタオルはループがよれたり寝てしまっています。端の部分を持って全体を軽くパタパタと3回ほど振り同じ方向にループを立ち上げましょう。これにより柔軟性と厚みが増し、ふんわりと仕上がります。干す場所は風通しの良い場所を選んでください。
乾燥に時間がかかりすぎると空気中のカビの胞子などが付着し繁殖する場合があります。太陽の下に干すと直射日光のパワーで乾きは早くなりますが、必要以上に乾燥してしまい繊維が硬くごわついた仕上がりになってしまいます。
一手間かけた新しいタオルはふんわり柔らかく気持ちが良いものです。小さな贅沢をぜひお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。