タオルの衣替えの前に〜仕舞う前のお洗濯

投稿日: カテゴリー コンテンツ
Pocket

タオルを次のシーズンまで保管する場合はもう一度お洗濯するようにしましょう!次に出した時の状態を考えて一手間かけるお話です。

 

新品でも一度洗ってから仕舞う

購入したままの新品タオルも仕舞う前に必ず一度お洗濯をしましょう。
「新品タオルのおろしかた」の記事でも取り上げましたが、新しいタオルには長い生産工程でどうしても付着してしまうホコリや繊維に残っているのりなどがあります。店頭で購入したタオルは他の方がご覧になる際に手にとって表面に触れていることもあります。
小さな汚れであっても、そのまま放置すると変色の原因にもなることもあるようです。新品だからといって、そのまま畳んで仕舞うことは避けましょう。

オーガニックとアニマル柄のフェイスタオル

洗濯済みタオルも仕舞う前にもう一度お洗濯

一度お洗濯してあるタオルも、最近の液体洗剤はすすぎ1回タイプが多く粉洗剤に比べてやや洗浄力が劣ります。仕舞う前のお洗濯にはぜひ粉洗剤を利用しましょう。
入浴後のきれいな体や髪を拭いていても、タオルには皮脂や汗が付着するものです。洗い残しが万が一あると保管している間に汚れが酸化して黄ばみに変化してしまう可能性があります。時間が経つ程黄ばみは落ちにくいので事前のケアが重要です

 

仕舞う前のお洗濯方法

以前の記事でもすでに詳しく取り上げていますが、タオルのお洗濯の時はたっぷりの水で泳がせるように洗いましょう。繊維の奥に残っている汚れもしっかり落とし、洗剤の溶け残りやすすぎ残りも防ぐ事ができます。
タオルに洗剤が残ると繊維がふんわり立ち上がりにくくなります。繊維を出来るだけ良い状態に長く保つために、すすぎ回数を増やすのではなく洗剤の使用量をきちんと守ることにしましょう。ぬるま湯などを使って洗剤をしっかり溶かしてから洗濯機にいれるとさらに効果的です。加えて、乾燥させた後にタオルの端をもってパタパタと数回振ってパイルを立ち上げておけば仕舞っている間の余計な繊維の傷みが生じにくくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。快適な生活の知恵としてぜひお役立て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。