タオルのお手入れ〜ループが伸びてきたら

投稿日: カテゴリー コンテンツ
Pocket

タオルのパイル(ループ)部分は爪や尖ったものなどにひっかかりやすいものです。
それでもパイルをひっかけて伸ばしてしまったときは、少しお手入れをしましょう。見た目はもちろんパイルが揃っている方が滑らかで肌あたりが優しくなります。

 

伸びたパイル(ループ)のお手入れ方法

単刀直入にお話ししますと、伸びてしまったループは根元からはさみでお切り頂いて構いません。
毛糸で編んだニットの様に切ってしまうとそこからほつれてくるようなイメージをお持ちの方が多いのですが、実は大丈夫なんです。
タオルは縦糸と横糸で織ったところにパイル(ループ)糸を交差するように織り込まれていますからパイル部分だけを切ってもほつれてくることはありません。まずは一度生地の折り目を確認して元の方向に引っ張って戻してみましょう。それでも戻りきらない部分は伸びてしまったパイルだけをより分けてはさみでそっと切り、長さを揃えましょう。

 

お洗濯のときに気をつけること

洗濯ネットを使う

やはりパイルを引っ掛けて伸ばしてしまう原因は洗濯の時にある場合が多い様です。できるだけボタンやファスナーがついている衣類との洗濯は避けること、無撚糸タオルなど特に繊維が柔らかいタオルは洗濯ネットに入れることをお勧めしております。

洗濯物を詰め込みすぎない

たっぷりの水で泳がせるように洗うことも洗濯物同士が絡みつきにくくなります。ちょっとした一手間がタオルの寿命はぐんと延びます。洗剤のすすぎ残りも生じにくくなり肌への負担も軽くなりますね。

柔軟剤の使用を控える

一緒に洗濯するものを良く選ぶことに加えて、以前ご紹介した記事でもお話しましたが柔軟剤をお使いにならない方がタオルの吸水性が持続しパイルが抜け落ちることも避けられます。
柔らかく洗い上げるコツについてはこちらの記事もあわせてご覧下さいね。
お気に入りのタオルを上手にケアしておけば、ゆったりとしたバスタイムを楽しめますよ。

 

まとめ

程よい厚みのしっかりとしたタオルは男性のお客様にも人気がございます。こちらはゼブラ柄の優雅なタオルです。
こちらの写真ではなかなか分かりづらいのですが、よくある白と黒という単純なデザインではなく多色使いによる陰影が素晴らしい作品です。
作品だなんて、タオルにちょっとオーバーだと思われましたか?
私たちはそれぐらい熱をこめて自然美を目標に仕立てています。
もうすでに良い物をお持ちのような方へのプレゼントとしても自信を持ってお勧めできるお品です。
(タオルの品質についてはこちらでご覧頂けます!)
ギフトラッピングも承っておりますので詳細はショッピングサイトをご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。